あるタイプの糖尿病治療薬が、減量目的で使用している人々による需要が急増し、供給不足になっている。

Certain diabetes medications are in short supply due to a surge in demand from people who are using them in a bid to lose weight.

【ニュースリスニングはこちらから】

世の中はダイエットサプリであふれかえっていますがどれも効き目が不明で、その割に高価というイメージ。それでも一縷の望みをかけて購入し、やっぱり効果なく失敗。長年、肥満に悩んでいる人はそんな経験を数多く踏んできています。そんな中、ダイエットに効く「薬」が登場したのですから、多少は値が高くても何としても手に入れたいところでしょうか。

バイアグラというED治療薬も元々と異なる治療目的で開発されていましたが、治験の段階で現在の効用が発見され、瞬く間に世界中に広がりました。薬のいいところは発売される時点でそのネガティブな面、つまりどのような副作用が起こりえるかがおおむね分かっていることだと思います。だから効用と比較してバランスが合えば使用しやすい面があるのでしょう。

かくいう私も、もし肥満だったら多少高価でもダイエットのために使用を検討したかもしれません。実際に体重が70キロ、体脂肪率25%を超えた50歳の時にはいろいろと研究しましたから…結局、食生活の管理と運動でダイエットすると決意してイバラの道を歩みましたが…生活習慣を変えたおかげで58歳の現在も65キロ、体脂肪率11%くらいです(ごめんなさい、自慢話でした)。

今回の件の大きな問題は、薬を求める人々ではなく金もうけのために偽りの処方を書く医者の存在だと思います。これは世界共通でしょうけれど、いい学校を出て国家試験に受かって医者にまでなっているわけです。その育成の過程で国も相当な投資をしています。そうして医者になった挙句に医術より算術、守銭奴になるなんていったい何をやっているんでしょうか。

糖尿病は誰もがかかる可能性のある病気です。そしてとても怖い病気です。一度かかると簡単には治りません。私の知人にも糖尿病が原因で足を切断した方がおられます。そんな恐ろしい病気に苦しむ人々を今以上苦しめてよいわけはなく、とにかく、必要な人のところに薬がきちんと届くように祈るばかりです。肥満で糖尿病予備軍の人。まだきっと間に合いますから薬に頼らずに生活習慣の見直しから始めてみてはいかがでしょうか。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

結論!英語は「数」が勝負です…

よく「英語をマスターする近道を教えてください」と聞かれます。この答え、英語を学ぶ者にとっては興味津々なわけですが、実のところ「私も知らない!」というのが本音で、今のところ「数」をこなす以外にないというのが結論です。数を「英語に接する機会と時間」と言い換えた方が分かりやすいかも知れません。

英語漬け、という言葉があります…

英語漬けという言葉があります。朝から晩まで英語しか通じない環境にあなた自身を「漬ける」感じでしょうか。短期間で英語を身につけた人にはこの「英語漬け」が圧倒的に多い…。

では「英語漬けが近道ですか?」と問われると、確かに期間は短く済むのですが、山登りに例えれば断崖絶壁を登るようなとても険しい道のりですし「機会と時間」という点では凄まじい濃度…。なので近道とはちょっと違うかなと。少なくとも誰にでもお勧めできる道ではありません。

日頃から接する機会を増やす…

現実的な話に戻すと、日頃から30分から1時間ほどの時間、英語を聴く時間を作るのが近道です。その際に一番手軽ににできるのがリスニングで、これを毎日の習慣に加えるのがよいでしょう。

私の周りにいる英語が得意な人はたいていが「洋楽好き」です。特に60代の友人の中にはビートルズが英語の先生だと豪語する猛者が数名います。話を聞けば、朝から晩までビートルズを流しながら鼻歌を歌っていた、時にバンドを組んで演奏したりとほとんど「ビートルズ漬け」。わざわざ勉強しなくても英語ができるようになったのもうなずけます。どこか「ビートルズ英語」なのが玉に瑕ですが…。

ラジオニュースという選択…

話を戻します。いい英語を聴いてきちんとした英語を身につけたいという方も大勢おられるでしょう。もしあなたがそんな「きちんと」派なら、ぜひお勧めしたい音源があります。それがPHILOSの聴く効く!ニュース英語です。

話題のニュースを英語で聴く、それから英文解説を聴く、ニュース解説を聞くといった流れで構成された1回あたり60分の講座です。これを通勤通学の途中に、お買い物の行き帰りに、ドライブのお供に、料理をしながら…聴くことを強くお勧めします!

そして毎日のオーバーラッピング、慣れてきたらシャドウイングといったトレーニングを繰り返すことで定着させていきます。

毎週日曜日に新講座をリリースしており、すでにバックナンバーも150本以上。あなたの英語学習ツールに加えてみてはいかがでしょうか?