日本は、悪化しつつあるアジアの安全保障環境を考慮して、アメリカ製のトマホーク巡航ミサイルの調達を予定より1年前倒しで開始する。

Japan will start procuring US-made Tomahawk cruise missiles one year ahead of schedule in light of the worsening security environment in Asia.

【ニュースリスニングはこちらから】

我が国の国防は「攻撃されたら反撃する」が原則です。この「攻撃されたら」の場所が問題で、CHINAによる尖閣諸島への恒常的な領海侵犯や北朝鮮によるミサイル射撃を許容している現状を踏まえると対象地域は領海内ではなく、〇〇島や〇〇県、沖縄県、北海道、本州といった領土が攻撃される必要がありそうです。この場合、国防の最前線を担う自衛隊だけにとどまらず、民間人の誰かが巻き込まれることが当然に想定されます。つまり犠牲者がでないと反撃できないということです。

この「犠牲者」は誰なのか。それは都市部に暮らす私たちかも知れないし、基地のそばで暮らす人々かも知れないし、離島の人々かも知れません。誰にせよ、最初から民間人の犠牲を想定しているやっかいな解釈になっているようです。

そんな中、言葉は「反撃能力」と弱含みになりましたが、実質的に敵基地攻撃能力を持つ武器がようやく広く配備されはじめます。

このトマホークが大きな抑止力になることを期待します。一部では「型遅れを買わされた」といった意見もあるようですが、私は「ない」から「ある」状態になることを心より歓迎したいと思います。ここから少しずつ最新型へ、そして国産技術へ、と進化していくことが正しい道と考えます。

いつか、我が国を攻撃するのが馬鹿らしくなるほどの反撃能力と、自衛隊の方も含めて誰一人として命を失わないような精緻な武器を備えた、世界一強固で平和な日本を築いてもらいたいと思います。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

結論!英語は「数」が勝負です…

よく「英語をマスターする近道を教えてください」と聞かれます。この答え、英語を学ぶ者にとっては興味津々なわけですが、実のところ「私も知らない!」というのが本音で、今のところ「数」をこなす以外にないというのが結論です。数を「英語に接する機会と時間」と言い換えた方が分かりやすいかも知れません。

英語漬け、という言葉があります…

英語漬けという言葉があります。朝から晩まで英語しか通じない環境にあなた自身を「漬ける」感じでしょうか。短期間で英語を身につけた人にはこの「英語漬け」が圧倒的に多い…。

では「英語漬けが近道ですか?」と問われると、確かに期間は短く済むのですが、山登りに例えれば断崖絶壁を登るようなとても険しい道のりですし「機会と時間」という点では凄まじい濃度…。なので近道とはちょっと違うかなと。少なくとも誰にでもお勧めできる道ではありません。

日頃から接する機会を増やす…

現実的な話に戻すと、日頃から30分から1時間ほどの時間、英語を聴く時間を作るのが近道です。その際に一番手軽ににできるのがリスニングで、これを毎日の習慣に加えるのがよいでしょう。

私の周りにいる英語が得意な人はたいていが「洋楽好き」です。特に60代の友人の中にはビートルズが英語の先生だと豪語する猛者が数名います。話を聞けば、朝から晩までビートルズを流しながら鼻歌を歌っていた、時にバンドを組んで演奏したりとほとんど「ビートルズ漬け」。わざわざ勉強しなくても英語ができるようになったのもうなずけます。どこか「ビートルズ英語」なのが玉に瑕ですが…。

ラジオニュースという選択…

話を戻します。いい英語を聴いてきちんとした英語を身につけたいという方も大勢おられるでしょう。もしあなたがそんな「きちんと」派なら、ぜひお勧めしたい音源があります。それがPHILOSの聴く効く!ニュース英語です。

話題のニュースを英語で聴く、それから英文解説を聴く、ニュース解説を聞くといった流れで構成された1回あたり60分の講座です。これを通勤通学の途中に、お買い物の行き帰りに、ドライブのお供に、料理をしながら…聴くことを強くお勧めします!

そして毎日のオーバーラッピング、慣れてきたらシャドウイングといったトレーニングを繰り返すことで定着させていきます。

毎週日曜日に新講座をリリースしており、すでにバックナンバーも150本以上。あなたの英語学習ツールに加えてみてはいかがでしょうか?