日本企業のロシア撤退が進む。トヨタが…

ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに日本企業が次々とロシアから撤退しています。

自動車大手のトヨタは車の組み立てから完全撤退しました。部品の調達に目途が立たないのが最大の理由のようです。これは西側諸国によるロシアへの経済制裁の一環ではなく、サプライチェーンの崩壊という組み立てビジネスが抱える現実的な問題に直面した結果です。

ロシアリスクに続いてチャイナリスクも高まる昨今、組み立て型のメーカーによるサプライチェーンの再編がますます進みそうですね。

【今週のニュース音声はこちらから】

【今週のニュースリーディング動画はこちらから】

組み立て型の製品といえばパソコンも代表格の一つです。

先日からトラブル続きの私のPC。メーカーはLENOVOですが部品はそれこそ世界中から集めています。なので不具合に対しては修理ではなく部品の交換が近道。もし私がPCの達人なら日本橋に部品を買いに行って自分で交換するのが一番早くて安い方法…。ですが残念ながらPC音痴(笑)。やたらと高い部品交換代に大枚をはたくくらいなら、この際、丸ごと新しいのに買い換えようかと思案中です。次は安心できる日本のメーカーを選びたいですね。

ウクライナ戦争を機に、私たちはある日突然、流通が止まる、品物がなくなる、価格が高騰するという現実に直面しました。その結果、日本に限らず、世界のあちこちで安心できる自国由来のものを求めるトレンドが起こっています。グローバル化に陰りが見えてきています。

一方、その流れの中で唯一、グローバル化が進んでいるのが言語の分野です。英語が母国語という人は5億人ほどですが、独自の母国語を持ちつつ英語を話す人が15億人以上。今も増え続けています。国際言語として英語の地位は高まるばかりです。

日本では英会話ブームこそすっかり下火になりましたが、国際社会における英語エキスパートへのニーズは高まるばかり。これを背景にPHILOSは英語エキスパートを育成する本格派実用英語教室としてこれからもあなたをサポートし続けます!あなたもますます頑張ってくださいね!

そんなPHILOSからのご提案。「聴けない英語は話せない」=リスニングが英語の肝です。梅田校に通学中の方もそうでない方もリスニング強化プログラム”ニュース英語.id”をぜひお試しください。

追伸。
あまり熱くならずに気軽に続けるのがリスニング上達のコツです。ニュース英語.idはそんな作り込み、そんな配信間隔、そんな価格になっています。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

教科書英語よ、さようなら!

あなたの家の本棚にはまるで本屋の英語コーナーみたく教科書や参考書がずらりと並んでいます。そのうちの大半は最後までページをめくっていない、そして今後もページをめくることはない陳列用。買ったときはかなりの価格だったものが今やブックオフに持ち込んでもただ同然。とはいえ捨てるわけにもいかないのでこの始末…。

それなのに今日もあなたは本屋の英語コーナーに行ってあーだこーだと参考書を吟味。それが趣味ならいざ知らず、あなたの目的は「英語を身に着けること」。行動がちょっとちぐはぐです。もうそろそろ教科書や参考書に頼る勉強法とさよならしませんか?

英語はコミュニケーションの道具!

いうまでもありませんが英語はコミュニケーションツール。人との対話に「使えてなんぼ」です。ところが学校では英語は「学科」であり「点数をつけるもの」。その勉強道具が教科書や参考書です。これらを使って頑張っても英語を使えるようにはなりません。それが道理です。そもそも使えるようになるかなんて二の次ですから。 

それでも子どもは学校のやり方に従うほかありません。まあまあ残酷です。しかし社会に出た大人のあなたがいつまでも間違った目的と道具にしがみついて苦行を続けるのはいかがなものでしょう…。

プラクティカルに行きましょう!

大人になったら英語はとことんプラクティカル=実用重視でいきましょう。これがPHILOSの提案です。よく使われる単語や言い回しを重点的に覚える。コンテンツ自体も対話に活かせる。とにかく実用性重視に切り替えてみてはいかがでしょう?

Q.そんな都合のいい学習法なんてあるの?

A.はい、それがニュース英語学習法です。

インプットは耳から!

英語での対話では相手の話を聴く、そう、耳からのインプットが何より重要です。なので日頃から耳を鍛えましょう。耳を鍛えるには英語を聴くことです。聞き流すのではありません。集中して聴く。その際、目に頼るのではなく耳だけに集中して聴くのが近道です。

英語を聴くときは主語と動詞をつかむこと、そしてなるべく語順通りに訳す(理解する)ように心がけましょう。会話の流れの中で相手の話を理解するイメージで日ごろから訓練しておきましょう。英語を読むときにも重要な心がけです。

大人のために英語学習ツール!

本物のニュースを題材に、対話に直結する実用英語を学ぶ。この課題に真正面から取り組んだのが大人の英語学習ツール:ニュース英語.idです。リスニングを磨くトレーニングツールでもあります。

このニュース英語idでは毎月第1~3日曜日に新しいニュースを題材にレッスンをリリースしています。さらにこれまでにリリースしてきたバックナンバーが100本以上。もうお腹いっぱいの分量です。

費用は月々2,970円。1本あたり1,000円を切りました!1日あたりでは缶コーヒー1本分、99円!このわずかな自己投資で大人の英語学習がスタートできます。英会話のチャンスを前に二の足を踏んでいた以前のあなたとはまるで別人になって周りを驚かせましょう。それってとっても気持ちいいことです!

善は急げ。今日がスタートするのに大安吉日です。14日間無料体験実施中。お申し込みをお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。