かつてわが国で「亡国病」と呼ばれ恐れられた結核の罹患率が下がり、WHOの低罹患国に分類されました。罹患率が下がったことは喜ばしいのですが、一概には喜べない裏話もあるようです。

【今週のニュース音声はこちらから】

【今週のニュースリーディング動画はこちらから】

明治期から昭和にかけて、多くの著名人が結核で命を落としました。文豪、森鴎外をはじめ、正岡子規、樋口一葉、石川啄木、宮沢賢治など枚挙にいとまがありません。また山本茂実氏の「あゝ野麦峠」など、市井の出来事をつづった文学の中にも結核を患った人々の悲哀が多く描かれています。患者たちが送り込まれた「結核病院」の跡地が全国あちこちにひっそりと残っています。

ストレプトマイシンなどの特効薬の誕生や生活環境の改善などですっかり姿を見せなくなった結核。いつしか恐ろしい病気でなくなってしまった感がありますが、データが示すほど、減少しているわけではなさそうです。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

リスニングを鍛えるツールです

ニュース英語.idはリスニング力の強化に特化したオンデマンド型の学習ツールです。好きな時に、好きな場所で、好きなだけリスニングを鍛えることができます。

実用的な文法力を身につけるツールです…

ニュース英語.idはプロのニュースライターが書き起こし、訓練されたネイティブアナウンサーが話す本物のラジオニュースが教材です。その場その場に適した正確な文法で簡潔にわかりやすくまとめられたニュースを正しい発音で聴くことができます。つまりあなたは本物の実用英語をいつでもインプットできます。

実用的な語彙力を身につけるツールです…

ニュース英語.idは茅ケ崎方式の重要頻出単語4,000語を使って書き起こされています。この教材を使うことで今まさに現場で頻繁に使用される単語や表現を重点的に学ぶことができます。つまりあなたは日常の出来事から時事ネタに至るまでの幅広い語彙力を備えることができます。

あなたを「非凡」にするツールです…

ニュース英語.idを活用することで、あなたは英語をそこそこできるその他大勢の中から、英語をきちんと聴き、きちんと話す存在へと変わります。つまり、あなたを「非凡」へと導くツールです。