日本の食品業界がコメに注目!

ロシアによるウクライナ侵攻が引き金となって米粉ブーム到来?果たして定着していくのでしょうか?

青い空と黄金色に輝く小麦畑をモチーフにした印象的な国旗。ウクライナにとって小麦はまさに国の象徴ともいえる存在です。世界第7位の小麦生産量を誇り、ヨーロッパやアフリカに大量に輸出してきました。しかしロシアの侵攻により収穫高が前年比50%を下回るという予測が出るほどの危機的状況に陥っています。

世界的な小麦不足が予測される中、いち早く小麦の先物価格が高騰しました。小麦消費量の80%以上を輸入に頼る我が国ももろに影響を受け、パン類、麺類、菓子類といった小麦由来の商品が毎日のように値上げされています。

そんな中、小麦の代替品として注目を集めているのがコメ。食品メーカーが競ってコメを使った商品を開発し発表しています。今日はこのニュースから。

【今週のニュース音声はこちらから】

【今週のニュースリーディング動画はこちらから】

コメを使ったパンや麺類。これまでも目にすることはありましたがどちらかというとグルテンフリーの健康食といった隙間商品だったと思います。そのため大手による取り組みは限定的で、小さなメーカーが頑張っている印象でした。お味の方もちょっと…という商品も少なくなかったように思います。

しかし今回の動きはこれとは異なるようで切実な小麦不足と価格の高騰、そして今後もこの状況が続く予想もあってこの機に本格的に米粉にシフトしていきたい、そんな心意気を感じます。大手もかなり本腰を入れているようです。

かつては日本人の主食と言われ、毎日食べるのが当たり前だったコメですが消費量の減少が続いてコメ農家は大変なようです。せっかくの機会ですから皆さんも米粉の商品を試してコメの復活に一役買ってみてはいかがでしょうか?我が家もできる範囲でちょこちょこやっています。

そうそう、私の大好きなお菓子の一つに亀田製菓の定番「カレーせん」があります。もちろん米菓です。これ、旨いです!これからの季節、ビール片手にスパイスたっぷりのカレーせんをかじりながら映画を見るなんて最高ですよ!

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

教科書英語よ、さようなら!

あなたの家の本棚にはまるで本屋の英語コーナーみたく教科書や参考書がずらりと並んでいます。そのうちの大半は最後までページをめくっていない、そして今後もページをめくることはない陳列用。買ったときはかなりの価格だったものが今やブックオフに持ち込んでもただ同然。とはいえ捨てるわけにもいかないのでこの始末…。

それなのに今日もあなたは本屋の英語コーナーに行ってあーだこーだと参考書を吟味。それが趣味ならいざ知らず、あなたの目的は「英語を身に着けること」。行動がちょっとちぐはぐです。もうそろそろ教科書や参考書に頼る勉強法とさよならしませんか?

英語はコミュニケーションの道具!

いうまでもありませんが英語はコミュニケーションツール。人との対話に「使えてなんぼ」です。ところが学校では英語は「学科」であり「点数をつけるもの」。その勉強道具が教科書や参考書です。これらを使って頑張っても英語を使えるようにはなりません。それが道理です。そもそも使えるようになるかなんて二の次ですから。 

それでも子どもは学校のやり方に従うほかありません。まあまあ残酷です。しかし社会に出た大人のあなたがいつまでも間違った目的と道具にしがみついて苦行を続けるのはいかがなものでしょう…。

プラクティカルに行きましょう!

大人になったら英語はとことんプラクティカル=実用重視でいきましょう。これがPHILOSの提案です。よく使われる単語や言い回しを重点的に覚える。コンテンツ自体も対話に活かせる。とにかく実用性重視に切り替えてみてはいかがでしょう?

Q.そんな都合のいい学習法なんてあるの?

A.はい、それがニュース英語学習法です。

インプットは耳から!

英語での対話では相手の話を聴く、そう、耳からのインプットが何より重要です。なので日頃から耳を鍛えましょう。耳を鍛えるには英語を聴くことです。聞き流すのではありません。集中して聴く。その際、目に頼るのではなく耳だけに集中して聴くのが近道です。

英語を聴くときは主語と動詞をつかむこと、そしてなるべく語順通りに訳す(理解する)ように心がけましょう。会話の流れの中で相手の話を理解するイメージで日ごろから訓練しておきましょう。英語を読むときにも重要な心がけです。

大人のために英語学習ツール!

本物のニュースを題材に、対話に直結する実用英語を学ぶ。この課題に真正面から取り組んだのが大人の英語学習ツール:ニュース英語.idです。リスニングを磨くトレーニングツールでもあります。

このニュース英語idでは毎月第1~3日曜日に新しいニュースを題材にレッスンをリリースしています。さらにこれまでにリリースしてきたバックナンバーが100本以上。もうお腹いっぱいの分量です。

費用は月々2,970円。1本あたり1,000円を切りました!1日あたりでは缶コーヒー1本分、99円!このわずかな自己投資で大人の英語学習がスタートできます。英会話のチャンスを前に二の足を踏んでいた以前のあなたとはまるで別人になって周りを驚かせましょう。それってとっても気持ちいいことです!

善は急げ。今日がスタートするのに大安吉日です。14日間無料体験実施中。お申し込みをお待ちしています。