ロッテが新興のチョコレート会社を買収

チョコレート好きの御仁はすでにご存じとは思いますが、あの高級チョコの dari K(ダリケー)がロッテの傘下に入りました。

dari K の商品といえば、1粒450円する生チョコや1枚225円のカカオサンドクッキー、内容量110グラムで1,350円のカシューチョコなど、値段だけを見るとポッキーばかり食べている私にはぶっ飛ぶような高級品。もちろんファンの方に言わせると、とってもおいしくて十分にリーズナブルというのですからチョコって不思議な食べ物です。

dari K のホームページはこちらから

この dari K のもう一つの魅力は素材や産地への思い入れ。国連のSDGsにもピッタリでどんな感じかというと…。それが今日のニュースのテーマ。英語でじっくりと聞いてみてください。

【今週のニュース音声はこちらから】

【今週のニュースリスニング動画はこちらから】

かつて仕入れといえば「買い叩く」のが当たり前だった気がします。ずいぶん前なので名前は忘れてしまいましたが、あるディスカウンターの社長が現金をカバンに詰め込んで在庫を抱えた会社や倒産した会社を訪ね、商品をタダ同然の価格で買い叩くシーンをテレビで見ました。当時は「なるほど、あの店はこうして商品をタダ同然で仕入れて、消費者に安く売って儲けてるんやな」と、手口を垣間見たときのちょっと嫌な気分になりながらも感心した記憶があります。

しかし最近は現金でひっぱたくような商売を嫌う人が増えてきたように感じます。フェアトレードといった言葉もよく聞くようになりました。これに合わせて顔の見える生産者も増えてきました。

じつはこのフェアトレード、日本においては決して新しい哲学ではありません。私の母方のルーツの滋賀県はかつて日本中で活躍した近江商人の発祥の地です。彼らには「三方よし=売り手よし、買い手よし、世間よし」という商売訓がありました。まさにフェアトレードを哲学としていたのです。現在も伊藤忠やワコールなど、近江商人の流れをくむ企業も多く活躍しています。

中国問題やウクライナ問題がきっかけでサプライチェーンの見直しが取りざたされています。いろいろな品物が不足するのは大問題ですが、時流に流されて安易に産地を変えるだけで解決するとは思えません。国内外を問わず、産地や生産者を育みつつ、森林を守り洪水を防ぐといった環境対策も同時に行うといった総合的なビジネス活動こそ、私たち日本人が未来に向けて取り組んでいくにふさわしい分野ではないでしょうか。それがきっかけで国と国の絆、人と人との絆となり、平和と新しいサプライチェーンが広がっていく…。そんな気がします。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

教科書英語よ、さようなら!

あなたの家の本棚にはまるで本屋の英語コーナーみたく教科書や参考書がずらりと並んでいます。そのうちの大半は最後までページをめくっていない、そして今後もページをめくることはない陳列用。買ったときはかなりの価格だったものが今やブックオフに持ち込んでもただ同然。とはいえ捨てるわけにもいかないのでこの始末…。

それなのに今日もあなたは本屋の英語コーナーに行ってあーだこーだと参考書を吟味。それが趣味ならいざ知らず、あなたの目的は「英語を身に着けること」。行動がちょっとちぐはぐです。もうそろそろ教科書や参考書に頼る勉強法とさよならしませんか?

英語はコミュニケーションの道具!

いうまでもありませんが英語はコミュニケーションツール。人との対話に「使えてなんぼ」です。ところが学校では英語は「学科」であり「点数をつけるもの」。その勉強道具が教科書や参考書です。これらを使って頑張っても英語を使えるようにはなりません。それが道理です。そもそも使えるようになるかなんて二の次ですから。 

それでも子どもは学校のやり方に従うほかありません。まあまあ残酷です。しかし社会に出た大人のあなたがいつまでも間違った目的と道具にしがみついて苦行を続けるのはいかがなものでしょう…。

プラクティカルに行きましょう!

大人になったら英語はとことんプラクティカル=実用重視でいきましょう。これがPHILOSの提案です。よく使われる単語や言い回しを重点的に覚える。コンテンツ自体も対話に活かせる。とにかく実用性重視に切り替えてみてはいかがでしょう?

Q.そんな都合のいい学習法なんてあるの?

A.はい、それがニュース英語学習法です。

インプットは耳から!

英語での対話では相手の話を聴く、そう、耳からのインプットが何より重要です。なので日頃から耳を鍛えましょう。耳を鍛えるには英語を聴くことです。聞き流すのではありません。集中して聴く。その際、目に頼るのではなく耳だけに集中して聴くのが近道です。

英語を聴くときは主語と動詞をつかむこと、そしてなるべく語順通りに訳す(理解する)ように心がけましょう。会話の流れの中で相手の話を理解するイメージで日ごろから訓練しておきましょう。英語を読むときにも重要な心がけです。

大人のために英語学習ツール!

本物のニュースを題材に、対話に直結する実用英語を学ぶ。この課題に真正面から取り組んだのが大人の英語学習ツール:ニュース英語.idです。リスニングを磨くトレーニングツールでもあります。

このニュース英語idでは毎月第1~3日曜日に新しいニュースを題材にレッスンをリリースしています。さらにこれまでにリリースしてきたバックナンバーが100本以上。もうお腹いっぱいの分量です。

費用は月々2,970円。1本あたり1,000円を切りました!1日あたりでは缶コーヒー1本分、99円!このわずかな自己投資で大人の英語学習がスタートできます。英会話のチャンスを前に二の足を踏んでいた以前のあなたとはまるで別人になって周りを驚かせましょう。それってとっても気持ちいいことです!

善は急げ。今日がスタートするのに大安吉日です。14日間無料体験実施中。お申し込みをお待ちしています。