連合に女性初の会長が誕生

日本労働組合総連合会、略して「連合」のトップに初めて女性が指名されました。今回はそのニュースから。

1989年発足の連合は会員数700万人を擁する日本最大の労組の中央組織です。この連合の会長の座は、大企業出身で、かつ組合のトップを経験した男性が独占してきました。

この連合会長に新しく指名されたのが芳野友子氏。3つの前例を破っての就任です。1つめは大企業の出身ではないこと。2つめはトップ経験者でないこと。3つめは男性でないこと…。

芳野氏は高校を卒業後、ミシンメーカーに就職し、そのまま労働組合専属に。その会社の労働組合が加盟していたのが中小企業中心の「ものづくり産業労働組合=JAM」。ここでキャリアを重ねた芳野氏はJAMの副会長にまで上り詰めるとともに連合副会長に就任。とはいえ、連合トップへの流れからは完全に傍流でした。

芳野氏に連合会長就任を打診したとされるのがJAM会長の安河内賢弘氏。個人的な意見としながらも「要請を断れば、連合に女性会長が出現するのは、あと10年は遅れると思う」という安河内氏の言葉が、数々の「ガラスの天井」を打ち破ってきた芳野氏の琴線に触れ、決断に至ったようです。

こうして3つの前例を破って、史上最年少の会長が誕生しました。それでは今日のニュースをどうぞ!

【今週のニュース音声はこちらから】

会長就任時には55歳だった芳野氏ですが、現在は56歳。ということは昭和40年か41年の早生まれで私とは同級生ということになります。もし41年なら「丙午」の年となり、俗説によれば、この年に生まれた女性は気性が強く、夫を食い殺すとか…。もちろん迷信に過ぎませんが、昭和41年生まれの子供が極端に少ないという事実もあって、縁起を担ぐ日本人の気質がよく表れています。余談です…。

さて、私が就職した時期に「男女雇用機会均等法」というのが施行されたか何かで大きな話題になっていました。私のいた会社でも1つ下の年の大卒から総合職に女性が採用されるようになったのを記憶しています。採用面接を担当した男性の同期が会社訪問してくる女性の優秀さに舌を巻いて「これからの男はたいへんやわ」と愚痴っていましたから…。言い換えれば、それまでは法的にも男女の雇用機会は均等ではなく、男性と女性は別だった、ということです。

芳野氏は高卒ですから私よりも4年早く就職されており、この時期は「男女別」の時代。苦い思いをされたことと思います。その時から今日に至るまで、この問題にずっと取り組まれて、実際に世の中を変えてこられた人物なのでしょう。凄いパワーです。

就任会見では、今でいうところのジェンダー問題に加えて、正規非正規雇用間の待遇、非組合員の待遇といったこれまでの連合の枠組みを超えた問題にも積極的に取り組んでいくと宣言されました。ますますパワフルです…。

私個人としては、立憲民主党支持団体として共産党との協力に苦言を呈したことが印象的です。明らかに主義主張が異なる党と選挙目的で協力することに異議を唱えるという、しごく当たり前でありながらも画期的な発言でした。

そんな一本筋の通った芳野氏。女性初という色眼鏡ではなく、新しいタイプのリーダーとして今後の活躍に期待したいと思っています。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

楽しんでいきましょう…

社会に出てからの英語は、無理やりに学ぶものではなくて、楽しんで学ぶものです。勉強というよりも本気の趣味に近い感じでしょうか。これがPHILOSの基本的な考え方です。この考え方が元になって、堅苦しい英文ではなく、話題のニュースを題材に楽しみながら英語を学んでいくスタイルが出来上がりました。

リスニングを伸ばす…

ところで、英語で会話するチャンスを目前に、尻込みしてしまったなんて経験はありませんか? あとですっごく後悔したりして…。英語で会話するにはリスニングとスピーキングが必要ですが、リスニングに自信がない人ほど、英会話に苦手意識を持っているようです。私はそんな経験を持っていますが、あなたはどう感じますか? 

さて、リスニングと一言でいいますが、実際は異なる3つの力の合わせ技です。1つは「英語の音を聴き取る力」。2つ目は「聴き取った単語やidiomを理解する語彙力」。3つ目は「聴いた英文を理解する文法力」です。この3つの異なる力をそれぞれ伸ばすことでリスニング力が高まります。

ちなみに「語彙力」と「文法力」は英語の4技能=リスニング・スピーキング・リーディング・ライティングのすべてに通じる「英語の体幹」です。これは技能というよりも「頑張って覚える」分野ですね。

リスニング力がつけて来れば簡単なトレーニングでスピーキングもできるようになります。つまり、すぐに話せるようになります。リスニングとリーディングは英語の語順が同じですからリスニング力がついてくれば自然とリーディング力もついてきます。同じくスピーキング力がつけばライティング力もついてきます。

リスニングからやり直すのが近道

このようにリスニングを軸に英語を学ぶのはとても合理的です。特に読み書きから英語をはじめてある程度の語彙力や文法力=英語の地力がある人には強くおススメします。この機会に読み書き英語を卒業してリスニング中心の学習に切り替えてみるのはいかがでしょうか。脱、固定観念です!

でもリスニングに問題がないわけではありません。やってみると分かりますが、リスニングはすぐに「飽きる」。続かない、続けられないのです。その結果、辞めてしまって効果が出ない…。これが一般的な現実です。

でも、ご安心ください。実は「リスニングが伸びる!」というのがPHILOSの評判です。(自画自賛をお許しください)言い換えれば「長く続けられる学校」ということです。

新しいあなたになって周りをあっと驚かせましょう!

PHILOSの”ニュース英語.id”は「楽しく学ぶ」をモットーにしたオンデマンドレッスンです。大阪梅田のクラスで評判の良かったニュースを題材に、リスニングからリーディングまでのエクセサイズをたっぷり詰めこんで60分にまとめています。毎回、どんなニュースが飛び出すのか分からないドキドキ感で「飽きない」のが何よりの魅力!そして「次はどんなニュースかな」と続けているうちにいつしか英語力アップ!といった感じです。

こんな感じのレッスンを月に3本作って、毎月第1~3日曜日にリリースしています。さらにこれまでにリリースしてきたバックナンバーが100本あって、もうお腹いっぱいの分量です。

費用は月々2,970円。1本あたり1,000円を切りました!1日あたりでは缶コーヒー1本分、99円!

このわずかな自己投資で、さあ、茅ヶ崎plusで大人スタイルの英語学習をはじめましょう。そして、英会話のチャンスを前に二の足を踏んでいた以前のあなたとはまるで別人になって周りを驚かせましょう。それってとっても気持ちいい!

善は急げ。今日がスタートするのに大安吉日です。