人気YouTuberのDaiGo、炎上!

若い世代を中心に人気を集めるYouTuberで自称「メンタリスト」のDaiGo。彼は自身の番組の中で生活保護受給者やホームレスに対する考えを述べましたが、それがきっかけで大炎上。彼の発言に関して行政がコメントするほどに波紋が広がりました。

いったい彼は何と言ったのでしょうか?

【ニュース音声はこちらから】

彼自身の番組の中で彼の個人的な意見を披露したに過ぎないDaiGoが、いくら影響力があるとはいえ、こうも激しく世間から非難されることに私自身は合点がいきませんが、起こってしまったことはどうしようもありません。

なぜそんな風に思うのか。それはDaiGoの話のキーワードが「生活保護」制度であり、これについては複雑な思いがあるからです。

今、ベストセラーになっている「護られなかった者たちへ」という小説をご存知ですか?「生活保護」制度の闇をテーマにした小説で、丁寧な取材と優れた文章で書かれており、とても面白く、そして深く考えさせられる内容です。同名の映画も上映中ですので、ご覧になった方もおられるのではと思います。

この小説では、生活保護を受けたくても受けることができなかった人々が描かれています。また、受ける資格がないにもかかわらず生活保護を受けている人々も描かれています。あわせて彼らを取り巻く人々が描かれています。

私事ですが、此花区で生活保護関連の仕事をしていた友人がいます。当時、彼から聞く仕事の話は小説と同じ、いやそれ以上に想像を絶するものでした。ウソは日常。人間不信になって当たり前の現場。時には命の危険も感じる…。それはもう言葉では言い表せないような過酷さ…働く人々も修羅場の連続です。

彼の精神がやんでしまうのではないかと本気で心配するくらいでしたが、幸い配置転換で他の部署に異動になりました。今は元気に過ごしていますが、当時のことはあまり思い出したくないようです。「生活保護」の現場はそういう世界なのです。

誤解のないように書きますが、大半は生活に困窮して生活保護を受けている善良な人々です。しかし一部には受け取る資格のない人がズルをして受け取っている現実もあります。このズルい人に焦点を当てれば、税金が彼らに使われていることを許すことができませんし、このような状況を放置している行政には強く改善を求めたいと思います。

とはいえ、DaiGoさんに共感はできません。何より言い過ぎです。もう少し現場に思いを遣る必要があったのではないでしょうか。などなどと大いに反論されてください。しかしながら考えを改める必要があるかどうかはご自分で決めてください。ここは思想の自由を保障された日本ですから…。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

教科書英語よ、さようなら!

あなたの家の本棚にはまるで本屋の英語コーナーみたく教科書や参考書がずらりと並んでいます。そのうちの大半は最後までページをめくっていない、そして今後もページをめくることはない陳列用。買ったときはかなりの価格だったものが今やブックオフに持ち込んでもただ同然。とはいえ捨てるわけにもいかないのでこの始末…。

それなのに今日もあなたは本屋の英語コーナーに行ってあーだこーだと参考書を吟味。それが趣味ならいざ知らず、あなたの目的は「英語を身に着けること」。行動がちょっとちぐはぐです。もうそろそろ教科書や参考書に頼る勉強法とさよならしませんか?

英語はコミュニケーションの道具!

いうまでもありませんが英語はコミュニケーションツール。人との対話に「使えてなんぼ」です。ところが学校では英語は「学科」であり「点数をつけるもの」。その勉強道具が教科書や参考書です。これらを使って頑張っても英語を使えるようにはなりません。それが道理です。そもそも使えるようになるかなんて二の次ですから。 

それでも子どもは学校のやり方に従うほかありません。まあまあ残酷です。しかし社会に出た大人のあなたがいつまでも間違った目的と道具にしがみついて苦行を続けるのはいかがなものでしょう…。

プラクティカルに行きましょう!

大人になったら英語はとことんプラクティカル=実用重視でいきましょう。これがPHILOSの提案です。よく使われる単語や言い回しを重点的に覚える。コンテンツ自体も対話に活かせる。とにかく実用性重視に切り替えてみてはいかがでしょう?

Q.そんな都合のいい学習法なんてあるの?

A.はい、それがニュース英語学習法です。

インプットは耳から!

英語での対話では相手の話を聴く、そう、耳からのインプットが何より重要です。なので日頃から耳を鍛えましょう。耳を鍛えるには英語を聴くことです。聞き流すのではありません。集中して聴く。その際、目に頼るのではなく耳だけに集中して聴くのが近道です。

英語を聴くときは主語と動詞をつかむこと、そしてなるべく語順通りに訳す(理解する)ように心がけましょう。会話の流れの中で相手の話を理解するイメージで日ごろから訓練しておきましょう。英語を読むときにも重要な心がけです。

大人のために英語学習ツール!

本物のニュースを題材に、対話に直結する実用英語を学ぶ。この課題に真正面から取り組んだのが大人の英語学習ツール:ニュース英語.idです。リスニングを磨くトレーニングツールでもあります。

このニュース英語idでは毎月第1~3日曜日に新しいニュースを題材にレッスンをリリースしています。さらにこれまでにリリースしてきたバックナンバーが100本以上。もうお腹いっぱいの分量です。

費用は月々2,970円。1本あたり1,000円を切りました!1日あたりでは缶コーヒー1本分、99円!このわずかな自己投資で大人の英語学習がスタートできます。英会話のチャンスを前に二の足を踏んでいた以前のあなたとはまるで別人になって周りを驚かせましょう。それってとっても気持ちいいことです!

善は急げ。今日がスタートするのに大安吉日です。14日間無料体験実施中。お申し込みをお待ちしています。