茅ヶ崎方式とは?

1981年に神奈川県茅ケ崎市で、当時のNHK国際放送記者4人により茅ケ崎方式英語会が創設されました。茅ケ崎方式英語会の編集する「国際英語基本4,000語」「英語教本Book1~5」「月間英語教本」他は全国の有名書店で広く扱われており、これらの出版物を教材に採用した大学や専門学校が全国に多数あります。

全国に140教室以上あり、英語学修に取り組んでいます。

この茅ケ崎方式英語会の提唱する特徴ある英語学習法を「茅ケ崎方式」と呼びます。上記の英語教本に加えて、ウィークリーで提供される最新のニュースを題材にしたLCT教材=Listening Comprehension Testを使い学修支援する「協力校」が現在、全国に140教室以上あり、合計で10,000人以上とも言われる方々が茅ケ崎方式で英語学修に取り組んでおられます。

楽しく明るい雰囲気のレッスン

特徴1 リスニング力を徹底して鍛えます

「聴けない英語は話せない」という原則から、茅ケ崎方式ではリスニング力を徹底して鍛えます。英語を聞き流すのではなく、上質の英語を「傾聴する」のが大きな特徴です。

特徴2 厳選された茅ケ崎4,000語を習得

「知らない英語は聞き取れない」という原則から、使用頻度や重要度から選定した4,000語を段階的に覚え、かつ使えるレベルにまで高めます。4,000語をマスターすれば、英語での本格的なコミュニケーションが可能になります。

特徴3 話題のニュースが題材

スポーツや文化から政治経済に至る幅広い分野で話題となったニュースをベースにした独自教材で学修します。身近な話題が学修意欲をかき立ててくれます。

特徴4 会話にすぐに役立つラジオニュースが教材

NHKのRadio Japanで英語ニュースを30年間書き続けた元記者が、「話すこと」を念頭に書き下ろした教材を毎週提供しています。学んだことがすぐに会話で役立ちます。

特徴5 現場で使える実用英語力が身につく

リスニング力と語彙力を着実に伸ばし、そこから話す、読む、書くといった英語の総合力を育てます。挨拶で終わらない、ディスカッションできるレベルの実用的な英語力が身につきます。